ダイエット効果はあるの?サウナでかいた汗の秘密

サウナに入るとたくさんの汗をかきます。そのため、多くの人が「サウナにダイエット効果はある!」と考えているでしょう。ただ、実際はどうなのでしょうか。まったくダイエット効果がなかった場合、痩せる目的でサウナに入る意味がなくなってしまいます。

そこで今回は、ダイエットとサウナの関係を具体的にご説明しましょう。ぜひ最後までご覧ください。

サウナだけで痩せることはできる?

サウナに入るとすぐに汗をかきます。ただ、この汗は運動による汗とは異なるものです。たとえば、ランニングをして汗をかいた場合、有酸素運動の効果で脂肪が燃焼します。したがって、ダイエットにつながるのです。その一方、サウナに入るという行為自体は有酸素運動ではありません。そのため、サウナに入って多くの汗をかいたとしても、脂肪がどんどん燃焼されるわけではないのです。

いかにも痩せそうなイメージがあるサウナですが、サウナの利用だけで痩せることはできません。

サウナに入ることで体重が減る理由

サウナに入ったあとに、すぐ体重計に乗ったことがある人も多いでしょう。そのとき、サウナに入る前とあとで、体重に差があることを確認したと思います。「体重減ってるじゃん!」と思わず喜んでしまいますよね。しかし、体重が減ることは痩せることとイコールではありません。サウナに入って体重が減った理由は、汗をかくことで身体から水分が抜けたからです。あくまでも一時的な現象にすぎず、水分を取ればほとんど元の体重に戻ってしまいます。

サウナで汗をかいても意味はないの?

「サウナで痩せられないなら入る意味なし!」と感じる人も多いでしょう。しかし、サウナに入ることに何の意味もないかというと、決してそんなことはありません。具体的には、「身体を痩せやすくする効果」を得ることができます。その理由は、サウナに入ることで体温が上がるからです。体温が上がると、褐色脂肪細胞の動きが活発化します。この細胞の特徴は、脂肪燃焼を促進することです。つまり、サウナに入ることで脂肪燃焼をしやすい身体になるのです。日々の運動生活の中にサウナを取り入れることで、より効率的なダイエットが可能になるということですね!

また、代謝がいいときのほうが、サウナの効果をより高められると考えられています。そのため、事前にお風呂に入ることをおすすめします。お風呂に入ることで体温をある程度高めておき、代謝をよくした状態でサウナに入ってみましょう。そのほうが、より褐色脂肪細胞の動きを活発化できるでしょう。

サウナにはどのくらい入るべき?

「痩せやすい身体をつくるためにも、できるだけ長くサウナに入るべきでしょ!」という人もいるかもしれません。しかし、実際にはそれほど長い時間にわたってサウナに入る必要はありません。というのも、褐色脂肪細胞については15分程度のサウナ利用でも十分活発になります。したがって、無理に長い時間入る必要はないでしょう。また、15分程度のサウナ利用でも効果が期待できるわけですので、サウナがあまり好きではないという人でもチャレンジできるのではないでしょうか。

サウナを利用する際の注意点について

効率的にダイエットをしていく意味でも、サウナの利用はおすすめできます。しかし、サウナの利用にあたっては注意すべきことがあります。具体的には、脱水症状です。室内はとても温度が高いため、無理をすると脱水症状に陥る可能性があります。一度脱水症状が引き起こされてしまうと、そのまま倒れてしまい、命の危険につながる可能性もあります。したがって、水分補給を十分にすることが大切です。また、飲酒後のサウナの利用もやめましょう。お酒に含まれるアルコールには利尿作用がありますので、脱水症状のリスクが高くなってしまうのです。

また、水分をしっかりと補給していたとしても、サウナ内において体調の異変を感じた場合はすぐに退室するようにしましょう。サウナの中は通常の環境とは全く異なるため、体調の異変には敏感になることが大事です。痩せやすい身体をつくることの前に、健康面をしっかりと意識しましょう。

まとめ

いかがでしたか?サウナに入るだけでダイエットをすることは難しいですが、痩せやすい身体をつくることはできます。したがって、サウナの利用と日頃の運動を両立させることで、短期間のうちに減量を図ってみてはいかがでしょうか。

また、サウナの効果は痩せやすい身体をつくることだけではありません。美肌効果やデトックス効果などを得ることもできます。冷え性などの身体の悩みを改善させる効果もありますので、健康目的での利用もおすすめです。

また、最近ではさまざまなタイプのサウナがあります。フィンランド式のサウナや低温サウナなど、ほかにも多くあるのです。そのため、ぜひ自分に合ったサウナを選んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする