本の楽しみ方を提供してくれる書店「天狼院書店」

画像:天狼院書店

http://tenro-in.com/category/ekimae

天狼院書店は2013年に南池袋にオープンした書店です。
現在では全国に5店舗あり、本を読みながらカフェでのんびりしたり、講師を呼んでの講習会を行ったり、そのほかにもたくさんの本の楽しみ方を提供してくれる書店となっています。
オープンして間もない若い書店ではありますが、本に関する様々な体験と楽しみ方ができる場としての、新しいカタチの書店です。

池袋には天狼院書店が3店舗あります

天狼院書店は、2013年9月に最初に南池袋にオープンした「東京天狼院」が第1号店です。その他に、池袋駅により近いWACCA池袋の2階にある「天狼院書店 池袋駅前店」とEsola池袋店の2階にあるビジネス書専門店の「天狼院書店 Esola池袋店 STYLE for Biz」の3店舗があります。
1号店である東京天狼院は、池袋駅より歩いて約8分程度。西武池袋南口から東通りを都電雑司ヶ谷駅方面へまっすぐ歩いていきます。途中、「老眼めがね博物館」や「南池袋動物病院」の前を通ります。そのまま歩いていくこと4分くらいで、ソバ屋の「甲州屋」の2階に黒地に銀色の文字で「天狼院書店 東京天狼院」と書かれている看板が見えてきます。散歩がてらに、東京天狼院を訪れるのもいいかもしれません。
また、隣にはコインパーキングがありますので、車でお越しの際にはコインパーキングをご利用ください。

3店舗それぞれの特色

池袋にある3店舗の天狼院書店には、それぞれの特色があります。
まず、「東京天狼院」は『書店で出会う「本」だけでなく、その先にある「体験」まで提供する。』というコンセプトを元に始まった書店です。毎月の様々なイベントや講習会、くつろげるカフェがあります。定休日は火曜日。平日は12時~22時、土日祝日は10時~22時が営業時間となっています。ただし金曜日は18時~22時までとなっていますので、営業時間や定休日に注意して「東京天狼院」へ足をお運びください。
次に「天狼院書店 池袋駅前店」は少し小さめの店舗ですが、様々なジャンルの厳選された本が揃っています。中池袋公園の向かいにあるWACCA池袋の中の2階にあるため、営業時間はWACCA池袋と同じく11時~21時。定休日は1月1日の休業日以外はありません。様々なカルチャーの集まっている場所である中池袋エリアにあることで、「天狼院書店 池袋駅前店」でしか出合うことのできない「本」があるかもしれません。WACCA池袋への買い物と一緒に訪れてみるのもいいかもしれません。
最後に「天狼院書店 Esola池袋店 STYLE for Biz」はビジネス書専門店です。本棚には、厳選された「本」があり、書店内も「本」の再定義したもので設計されています。
営業時間はEsola池袋と同じく、10時30分~21時30分までとなっています。定休日は1月1日の休業日以外はありません。ビジネス書専門店ですので、気になる書籍がある方は、ぜひ足を運んでみてください!
それぞれに、特色がある3店舗ですので、「本」と出会いに、池袋の街を散策しながらそれぞれのお店を訪れてみてはいかがでしょうか?もしかしたら、あなただけの「一冊の本」に出会えるかもしれませんよ?

体験・体感のできる書店

天狼院書店のコンセプトは「READING LIFE」。「本との出会い」だけでなく、その先の「体験・体感」の提供をしている次世代型の書店です。
それぞれの店舗では、毎月様々な「体験」をすることができる、講習会やイベントが開催されています。例えば、「お酒を飲みながらの本の楽しみ方」をテーマにした体験型のイベントや「小説家になりたい小説を書き始めたい方」のための小説講座などがあります。
講座に来る講師の先生方はその道のプロです。公式ホームページに3カ月先までの講座の情報が載っていますので、気になる講座があるのかご確認のうえ、訪れてみてはいかがでしょうか?池袋にある各店舗や全国にある店舗ごとのでそれぞれ行われる講座も違いますので、受けたい講座のある方は十分に注意してください。

くつろげるカフェもあります!

「天狼院書店」ではカフェを併設し、購入した本をゆっくりと読みながらお茶を飲んだり、スイーツを食べたり、ワンドリンクで電源も使うことができるので、パソコンを使っての仕事をすることができます。
フードメニューは、パニーニとホットドッグの2種類。パニーニは定番のBLTにサラミとトロトロにとけたモッツアレラチーズ、ベーコンとチーズの味があります。値段はどれも580円です。ホットドッグはスタンダードのものから、チーズドッグ、レタスホットドッグがあり値段は380円~420円です。本を読みながら、パソコンをしながらアツアツのフードメニューを片手で手軽に食べられるのものとなっている為、書店にあるカフェとして気軽に利用ができます。
デザートメニューは、パフェ、ワッフル、アイスクリームの3種類。パフェはジャー容器にぎっしりと入ったアイスとベリーとバナナなどのフルーツ、ワッフルが入っており、味は甘酸っぱいベリー味とバナナにチョコレートのかかったバナナ味があります。値段はどちらも580円となっています。ワッフルはふわふわカリカリの生地にキャラメルソースとハニークリームチーズの2種類の味があります。アイスクリームも手軽に食べられるようにグラスに入っており、キャラメルナッツとチョコバナナの2種類の味がありあます。値段はワッフル・アイスクリーム共に280円になっています。ゆっくりと「自分と本の時間」を楽しみながら、味わうのが良いかもしれません。
ドリンクメニューは380円~600円まで幅があり、ドリンク単体で頼まれる方はもちろんドリンクはフード・デザートと一緒に頼みますと、セットメニューになりお得になっていますので、単体でもセットメニューでもゆっくりと楽しめます。
賑やかな池袋の中にある書店のカフェで、「本」や「ゆっくりと流れる時間」を味わうことができますので、「天狼院書店」へお越しの際には、一度ご利用ください!

黒いカバーはお楽しみ袋

「天狼院書店」には黒いカバーで表紙が見えない本「秘本」があります。
黒いカバーは中に入っている本がどんな本なのかわからなくするためのものですが、それが、「お楽しみ袋」や「プレゼントの箱」を思わせてくれる、わくわく感を演出してくれます。購入には3つの条件を守ることが約束となっており、その条件は「タイトルは教えない」「返品できない」「他人に教えてはいけない」の3つです。店主の三浦氏が、お勧めするタイトルが現在、第8段まで出ています。内容は秘密ですが、売られている「秘本」は小説~コミックスまで様々です。こちらの秘本は「天狼院書店」だけでなく公式ホームページからでも購入可能ですので、気になる方は、3つの条件を守り、どんな「本」と出合うことができるのかのわくわく感とともに購入してみてはいかがでしょうか?また、現在、公式ホームページでは今まで売られている「秘本」の紹介がされていますので、そちらを覗いてみるのは良いかもしれませんよ?

まとめ

池袋に3店舗ある「天狼院書店」ですが、コンセプトは「READING LIFE」はそれぞれに「南池袋にある1号店での様々な体験」「池袋駅前店の独特の厳選した本」「Esola池袋店の厳選されたビジネス書」の特色となり、店舗ごとに「本」との出合いや「本を通じての体験」などを味わうことができますので、池袋を散策しながら3店舗全てに足を運ばれるのもいいかもしれません。
場所はそれぞれエリアが違いますので、一日で回ることはできないかもしれませんが、「天狼院書店」の店員さんは本に詳しい方が多いので、自分に合った「自分だけの一冊」に出合えると思います。気になった方は、一度ならず何度でも足を運んでみてください!