【池袋】まろやかなサンマの旨味を味わえる「生粋」の醤油ラーメン

池袋 麺屋hulu-luの醤油SOBA

出典:http://www.hulu-lu.com/

落ち着いた和風モダンの雰囲気が渋いラーメン店、創新麺庵 生粋(きっすい)池袋本店をご紹介します。

池袋駅から徒歩5分のところに位置する、ロマン風の店づくりが目印の有名店です。

生粋(きっすい)の料理人は懐石の名店で腕を磨き、新精進料理親方として30年創作に従事。

厳選素材を丹精を込めてふんだんに使用。
サンマ出汁が特徴の醤油ラーメンは、池袋を訪れる際はぜひ一度味わっておきたい絶品の一品です!

「魚介系の生臭さとえぐみが苦手」という方にも、生粋(きっすい)のラーメンはオススメできます。
薬味として使われているネギとたまねぎが魚臭さを中和してくれるので、サンマのうまみが引き出たまろやかで上品な和の味わいを楽しむことができるのです。

お店の基本情報

営業時間・・・月曜~土曜11:30~15:00/18:00~22:30
日、祝11:30~15:00/17:30~21:00 
定休日・・・不定休
電話・・・03-5950-2088

お店の口コミを見てみましょう

秋刀魚出汁の個性的なラーメン店。上醤油ラーメンを頂きました。

着丼すると、秋刀魚の香り、スープを一口飲むと秋刀魚の香りが口中に広がります。スープは見た目とは異なり、淡白な味。麺はやや太めの低加水。

魚の風味が強いので、海苔との相性は良いですね。秋刀魚のエグ味を玉ねぎと長ネギが上手く中和して、バランスとっている感じ。

細いメンマ、厚切りの焼き豚、半熟味玉も主張があり、個性的なスープに負けてません。秋刀魚の味は好き嫌いがあると思いますが、美味しいラーメンだと思います。
(引用元:Retty – co.yabuさん

ここのお店は、スープに秋刀魚を使用していて、珍しいテイストが味わえるラーメン店です。この独特な秋刀魚の風味がまたたまらなく美味しいので癖になってきてしまいます。

いつもは普通の醤油ラーメンを注文しているのですが、今日は少し冒険して白湯ラーメンを注文。
麺は食べやすいツルツル麺。スープは醤油ラーメンと比べるとまったりとした濃厚スープですが、秋刀魚の風味が後味をさらっとさせてくれます。
焼き魚のような風味が醤油ラーメンでは味わえるのですが、白湯ラーメンではそうでもない感じ。万人ウケしそうな感じ…

今回力説したいのが、一緒に頼んだ「サンマ塩タレTKG」です。TKGとは名前の通り「卵かけご飯」の略です。
焼き秋刀魚の香ばしい出汁と、まろやかな塩だれ、卵の黄身を合わせたものを溶いて熱々の白ごはんに乗せる。さらにこれをラーメンに入ってる海苔や、香ばしいまろやか秋刀魚スープをかけながら食べるともう最高…。

何から何まで秋刀魚づくしでした…。自分は秋刀魚も大好きなので、スープも最後の一滴まで飲み干してしまいました。ごちそうさまでした。
(引用元:ラーメンデータベース – ラーメン大好きずら丸さん

火曜 14時過ぎ、池袋で打ち合わせが終わり遅めのランチです。1年程前に伺って無茶苦茶美味しかった記憶のある生粋さんへ。
先客無し、後客2名、休憩時間前なので、空いていました。

この店は、秋刀魚の出汁が売り、当然 醤油そばを注文です。
スープは秋刀魚節の出汁が充分出ていて、美味い、感動ものです。
一口啜ると、口の中で香ばしさがパッと広がります。多少、甘味が口に残りますが、嫌な感じではありません。
中細ストレート麺と相性はぴったりです。しこしこ味付きメンマ、歯応えのある香ばしいチャーシュー、それぞれの素材の旨味が充分引き出されています。煮卵は少し固め、これだけはまあ普通ですね。此方のラーメンはスープだけでも、満足が得られる一品です。
(引用元:ラーメンデータベース – ただあきさん

メニューと料金

「ラーメン」
しょうゆそば700円
塩そば720円
上生粋しょうゆそば950円
上生粋塩そば1000円
サンマ白湯ラーメン780円
「つけめん」
石焼麺せいろ750円(温汁醤油つけ麺)
上石焼麺せいろ950円(温汁醤油つけ麺)
弐番醤750円(温汁つけ麺/サンマの味を消した味)
海800円(魚粉入サンマ塩つけ麺)
サンマ白湯つけ麺850円
「ご飯」
白飯小100円/白飯200円
串卵飯270円
生粋飯350円
生粋丼650円
「トッピング」
海老煮玉子・ワイン煮玉子角150円
揚薫チャーシュー・軟骨つくねだんご各300円
「その他」
餃子セット270円
エビス生ビール小350円/エビス生ビール中500円

まとめ

特徴的な「サンマ出汁」を使ったラーメンを味わえる、池袋の創新麺庵 生粋(きっすい)。

魚介系のえぐみや生臭さが苦手な人にこそ味わってほしいラーメンを、ぜひ一度味わってみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする