古代文明の魅力を体感することができる古代オリエント博物館

画像:古代文明の魅力を体感することができる古代オリエント博物館

http://aom-tokyo.com/

池袋と聞けばにぎやかな街並み、ショッピングなどの印象が強いかと思います。
商業施設や高層ビルも多くそのような印象が多いのも納得ですが、学びを得ることができる街でもあります。
そのスポットの一つに古代オリエント博物館があります。
古代オリエントとは現在の中東地域にあった古代文明です。
池袋にある古代オリエント博物館は、古代オリエント文明の魅力にたっぷりと浸ることができます。
池袋からとても行きやすい場所にあり、古代オリエント博物館目的に池袋に行くことはもちろん、違う予定で池袋を利用した際にも気軽に行ける立地です。
いつもとは違うデートをしたいカップルにも、新鮮で楽しめるのではないでしょうか。
普段池袋を利用しているという人や、遠方から初めて池袋にいくという人にもおすすめです。

池袋古代オリエント博物館の魅力

古代オリエント博物館の歴史は長く1978年10月に日本で初めての古代オリエント関係の専門博物館として開館しました。
ここでは古代オリエントに関する貴重な資料を収集・展示したり、古代オリエントに関する調査研究も行っています。
古代オリエントに関する歴史が学べ、そして実際に体感できるような博物館になっています。
アクセス方法は、JR池袋駅東口より約徒歩8分、東京メトロ有楽町線東池袋駅より徒歩3分のサンシャインシティ文化会館の中という高アクセスで、気軽に立ち寄ることができます。
古代オリエントといえば、学校でも習うエジプト文明やメソポタミア文明などが有名でしょう。
ピラミッドを代表とする建築物や壁画などが残っているところや、今だ解明されていない謎の部分があるところなど、知的好奇心を沸き立ててくれるところも古代文明の魅力の一つです。
そして古代オリエント博物館の魅力はいつでも古代オリエントの世界観を体感することができることでしょう。
ここまでハイクオリティな常設された展示は日本でも有数。
さらに古代オリエント博物館には展示品楽しく観るために「みどころルーペ」というタッチパネル式の美術鑑賞システムがあり、これにより展示資料の細部、技巧、質感などを拡大してみることができるのです。
そして古代オリエントの歴史を詳しく学べるためのシステム「さわって学ぶ古代オリエントの時代」というタッチパネル式のディスプレイも用意されており、数々の逸品を年表形式でわかりやすくまとめられたシステムもあり、今まで古代オリエントを全然しらなかったという人でも楽しむことできます。

催し・イベントが盛りだくさん

古代オリエント博物館は常設されているものだけでも十分に楽しめるのですが、展覧会も開催されており、その期間だからこそ見ることができるというものもあり、一回行ったからもう行かなくてもよいということはなく、期間によってその時々の展覧を楽しめます。
またイベントも頻繁に開催されており、トークイベントや、古代オリエントやエジプトの「香り」を感じながら「香り」ついて学んだり、オリジナルのキーホルダーを作ったりと、体験型のイベントも多いので、古代オリエントには興味がなかったというような人でも、楽しみながら古代オリエントの魅力を知っていくことができます。
小中高生向けのイベントも多いので、ファミリー層で遊びに行くのもおすすめです。
古代オリエント博物館にはオリエントの歴史や文化に関する教養を深めることを目的として友の会が組織されています。
友の会の会員に入ると、常設展や特別展示の観覧が無料になったり、友の会主催の講演会に無料で招待されたりとその他特典があるので、古代文明に興味のある人は是非友の会に入会してみてはいかがでしょう。
またナイト講座といって月に一度金曜の夜に開催される口座があります。
ナイト講座がある日は閉館時間が伸びます。
仕事帰りに教養を深めたいという方に対応しています。
こちらも友の会員であれば無料で受けることが可能です。

池袋で古代オリエント文明教養が身につく施設

古代オリエント博物館では、さらに文化や言語、美術について知りたい人向けに、自由学校と呼ばれる講座も開設されております。
なぜエジプト人は遺体をミイラにしたのかというような知的好奇心くすぐるような内容から、古代の壁画を読み解くなど古代オリエントに関する様々な教養を得ることができる貴重な講座です。
各講座には定員が設定されており、人気の講座やイベントはすぐに満員となるため、自分の興味がある内容の講座が開催される場合は、早めに申し込む必要があります。
このように魅力がたくさんつまった古代オリエント博物館はお一人でも、ファミリー層でも、普段とは違うデートしたいというカップルにもおすすめです。
池袋は様々な過ごし方できる街ですので、池袋で今まで違う過ごし方をしたいという人や、興味のある方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

開館時間:10:00〜17:00
休館日:展示替時、年末年始
入館料(常設展):大人600円、大・高校生500円、小中学生200円(土曜日曜は児童生徒は無料)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする